礼金とはなんでしょう?

礼金とは、戦後の焼け野原で住むところがない人達が『 大家さん貸してくれてありがとう 』という、お礼の意味で包んだ事から始まり、東京を中心に広がったもの。今ではただの慣習にすぎないのに、未だに存在しているのはなぜでしょうか?

答えは明確です

礼金一部は大家さんが不動産屋に支払う紹介料に充てているからです。昔から慣習として定着しているので、自腹を切って不動産屋に紹介料を払うという習慣がありません。

たとえば、入居者から2ヶ月分の礼金をもらったら、1ヶ月分を不動産屋に支払うのが一般的です。名前を変えてはいますが、大家さんが支払う紹介料をあなたが支払っている形になります。不動産屋には別途、仲介手数料を払っているのに。

しかし現状では、払わないと部屋を借りることが出来ません。近年は物件が増えすぎて埋まらずに余っているので、年々借り手の方が強くなってきています。その為、今後は減少の方向に向かうでしょう。

事実不動産屋は大家さんを説得して礼金の交渉を行い、少しでも多くお客さんを呼ぼうと動いています。借りる際には一度礼金の交渉もしてみましょう

礼金は決して返金されることはありませんので返還をせまっても無駄です。
入居してすぐ「もう引越しするから返してほしい。少ししか住んでないんだから」と言う方がいますが、何を言っても返ってはきません!なぜなら契約時に、戻りませんと説明を受けているからです。

※礼金については、地域格差があるので全国同じではありません。

部屋探し本番へ 部屋探しサイト 学生マンションマップ オススメの引越業者
訪れたあなたが気持ちよく新生活を始めていただくことが、マスターの望みであり願いです。部屋探しを後悔のないものに! 全国賃貸マップ

(c) 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】 All rights reserved