引越業者なぜ使う?メリットは?

使う単純な理由は「全部やってくれるから楽!」だからでしょう。しかし引越業者を使うメリットは、楽だからというだけではありません。

最大のメリットは、建物に傷をつけた時に引越業者に責任を取ってもらうこと

自分で作業をして、建物に傷(多いのがドアで、一番修理金額が高いのがエレベーター)をつけると、思わぬ金額を請求される恐れがあります。

可能性は高くないとはいえ、エレベーターが一番危険です。コントロールパネルやドアに「ガツン」と重いものをぶつけると、意外にもろく自分で作業をする時は要注意。エレベーターの修理費は本当に高いので、特に注意が必要です

不動産屋が提携しているところがありますが、たいていの場合1社、多くて2社ってところ。しかも企業同士のやり取りなので、相当なバックマージンが料金に含まれている為、それほど安くはありません。

引越し料金を安く抑えるには、

下記全ての一括サイトを、全部使って見積もりを取る事!

それぞれに、取り扱っている会社が違う為、多少面倒でも全てで見積もりを取りましょう。意外なほど差が有るので、安く抑える事が出来ます。

ほんの少しの手間を惜しまず、浮いたお金を有意義に使いましょう。

まず、この2社は必須

引越し達人セレクト
引越し料金が最大55%OFFになる。

HOME’S 引越し
引越し料金が最大50%OFFになる。

引越をする日までにしておく、重要な事が3つあります。

1つは最寄の区役所(出張場も含む)か市町村役場で、転出届けをだして転出証明書を交付してもらい、新居に住み始めた日から14日以内に、新しい住所の市区町村役場に提出する事。
※同じ市区町村への移動は、変更の届出だけで済みます。

2つ目は、転出証明の交付を受けたら印鑑登録(届出をしてる方)の廃止届けを出します。そして転入の手続きと一緒に、新しい住所の役場で登録し直す事。

3つ目は郵便局で転居通知を出して、1年間自動的に新住所へ郵便物を転送してもらうようにする事。

ワンポイントアドバイス
料金を比較したら、実際に利用する際には多少値段の交渉をしてみよう。ただし1〜3月は、希望の日程を確保するのが難しいので余裕をもつこと。

料金を少しでも安く抑える為に、いらないものは処分して代金にあてましょう。使わない家具・家電・パソコン等の買取サービス等を利用するのも手です。

部屋探し本番へ 賃貸マップ 学生マンションマップ
訪れたあなたが気持ちよく新生活を始めていただくことが、マスターの望みであり願いです。部屋探しを後悔のないものに! 全国賃貸マップ

(c) 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】 All rights reserved