マンションとアパートの違いとは?

マンションとは
主に鉄骨(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の建物をいいます。不動産屋の表示は、だいたい上の基準で決めてます。

「なるほど!」ではなく、実は名称に規定などはありません。多くの人がそう呼んでいるにすぎません。

つまり一軒家をマンションとすることも可能で、大家さんが木造二階建ての建物を「マンションだ!」と言えば、それでOKなんです(納得するかは別ですが)。

アパートとは
主に木造や軽量鉄骨造の建物(二階建てまで)をいいます。これも名称に規定はありません。さらに『 コーポ 』や『 ハイツ 』という名称もありますが、ほとんどがアパートという名称よりも、借りる方に良い印象を与えるだろうという理由で使われています。

明確に区別されてないので、アパート・コーポ・ハイツは同じと考えて構いません。

マンションアパートの違いとは?

マンションとアパートの違いは、単に名称の違いということになります。しいてあげるなら、マンションは3階建て以上の木造以外の建物という事になるでしょうか。

マンションとアパートの家賃の違いとは
家賃は築年数が同じであれば、マンションの方が一般的に高くなり1万円くらい差が出ます。築年数に違いが出てくると、新しいアパートの家賃の方が高いこともあるので注意が必要です。

マンションは家賃が高そうだと思われていた方は、どうぞご安心下さい。家賃がアパートと変わらない物件は沢山あります(ただし地域格差はあり)。

※家賃の違いを生むのは建物の構造ではありません。構造で家賃が決まるのは築年数が浅い場合です。

部屋探し本番へ 部屋探しサイト 学生マンションマップ オススメの引越業者
訪れたあなたが気持ちよく新生活を始めていただくことが、マスターの望みであり願いです。部屋探しを後悔のないものに! 全国賃貸マップ

(c) 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】 All rights reserved