方角はかなり重要?

情報誌・インターネット、さらには店頭で見せてくれる物件の情報にも、方角が載っています。決める際の第一条件にしている方もいるほど、重要な要素です。

ベランダ・バルコニーがある側(なければ窓側)を基準とし、南向き・東南向きの部屋が最も人気があります。ただし、窓を開けたら隣の建物なんて事も、、、

一般的な方角の捉え方
東向きは、朝太陽の光で目覚めたい方に最適。

南向きは、日の当たる時間が長く明るい。

西向きは、西日が直接当たるので、夏の間は極端に暑い。

北向きは、日当たりが悪く湿気が多く、じめじめしてる。

ただし、不動産屋の方角表示をそのまま信じるのは危険です。

物件の情報を作成する際に、現地を確認しに行った人が間違っていたり、適当に書いている可能性のほうが高いからです。

こういう仕事は新人の営業マンが担当する事が多く、現地で方角を確認するのを忘れがちです。お店に戻ってから地図でこう向いていたかなと、勝手に決めてしまう事さえあります。

方位磁石すら置いていない不動産屋もありますし、一度登録された情報はあまり修正しません。必ず現地で自分の目で確認しましょう。

南向きと思い引越をして『 本当は北向きだった 』なんて事にならないように!

道具(方位磁石)がなくても簡単に方角を調べる方法
※この方法は腕時計が必要になります。

まず、腕時計の短針を太陽の方へ向けます。短針と時計の文字盤の「12」の数字との間を2等分した線が真南方向となります。南を背にすれば正面が北・右が東・左が西。これは季節等により誤差が出るので、絶対ではありませんが参考には出来ます。

腕時計で方角を調べる方法

部屋探し本番へ 部屋探しサイト 学生マンションマップ オススメの引越業者
訪れたあなたが気持ちよく新生活を始めていただくことが、マスターの望みであり願いです。部屋探しを後悔のないものに! 全国賃貸マップ

(c) 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】 All rights reserved